佐藤 紀雄音楽監督, gt, cd

1951年生まれ。1971年(現)東京国際ギターコンクール優勝。
以後、ギター演奏と指揮活動を広範囲に行ってきた。

ギター演奏においてはクラシックレパートリーの他、
武満徹、高橋悠治、近藤譲、松平頼暁、福士則夫、その他多くの作品の初演、
また指揮者としても内外の新しい作品の初演を含め数多く演奏している。

海外からの招聘も多く、これまでにパリ、ニューヨーク、ハンブルク、ロンドン、メルボルン、北京、メキシコ、デンマーク、フィンランド、エストニア、 ブルッセル、アントワープ、ハバナ、イタリアなどでリサイタルや各地のアンサンブルと共演してきた。

1997年にアンサンブル・ノマドを結成し、音楽監督として毎年定期演奏会を開いてきた。
またアンサンブル・ノマドでも海外から多く招かれ、 ハッダースフィールド音楽祭、ガウデアムス音楽週間、モレリア音楽祭など主要な音楽祭で演奏してきた。

1990年、京都音楽賞(実践部門賞)。
1994年、中島健蔵賞。1996年、朝日現代音楽賞。
2002年、アンサンブル・ノマドとして第二回佐治敬三賞を受賞。
ギター・ソロのCD、アンサンブル・ノマドのCDなど多数リリースしている。

日本大学芸術学部、青山学院短期大学および桐朋学園芸術短期大学で後進の指導にあたっている。