小松 美穂vl

桐朋学園大学音楽学部卒業後、ロンドンの英国王立音楽院のスカラシップを得て、
モーリス・ハッソン氏のもとで研鑽を積む。
在学中、ダイアナ妃追悼コンサート(Royal Festival Hall)を含む、 多くのコンサートに出演。
ディプロマ修得後帰国し、ソロ、室内楽、新曲の初演、オーケストラの客演奏者など、
幅広く活動している。
1999-2000年、けやきホール(東京・渋谷)にて、
新実徳英氏作曲"ヴァイオリンソングブック"より9曲を初演。
2003-2004年、無名塾公演(仲代達矢・演出、池辺晋一郎・音楽、妹尾河童・美術)"森は生きている"に 舞台出演(全国131公演)。
2005年、上野駅にて、赤煉瓦コンサート"ヴァイオリンの歌"に2日間出演。
2006年5月、埼玉県鴻巣市文化センター主催でリサイタルを行う。
2004-2008年、桐朋学園芸術短期大学嘱託演奏員。
2009年より神奈川県立弥栄高校非常勤講師。
これまでに、飯田芳江、篠崎功子の各氏に師事。