加藤 訓子perc

演奏家(マリンバ&パーカッション)。桐朋学園大学卒業。
同校研究科

桐朋学園大学打楽器科卒業。
同大学研究科在籍時から渡欧しロッテルダム音楽院を首席で卒業。
武満徹、スティーヴ・ライヒやフランコ・ドナトーニをはじめ、世界的な作曲家や演奏家とも数多く共演、ソロ以外でもアンサンブル・ノマド、サイトウキネンオーケストラ、アンサンブル・イクトゥス(ベルギー)など国内外のグループで活躍。
クラシック音楽の古典から同時代音楽作品まで幅広いレパートリーを持ち、鋭く研ぎ澄まされた音楽的感受性と優れた芸術性を併せ持つ。
日本を代表する打楽器奏者のひとりとして、グローバルに幅広いフィールドで活躍している。

90年第7回日本管打楽器コンクール準優勝。95年第1回「リー・ハワード・スティーブンス国際マリンバコンクール」準優勝。
96年ドイツ、ダルムシュタッド国際現代音楽祭にてクラニヒシュタイン賞受賞。
2000年米国パーカッシヴ・アートソサイエティーより世界35人のマリンビストに選出。
2002年愛知県豊橋市より文化賞奨励賞受賞。
2006年武満徹作曲の打楽器コンチェルト「カシオペア」を20数年ぶりに復活させ、見事な演奏で絶賛される。
自身がプロデュースする企画 (2005年ミュージックシアター「浄土」日本初演、
2007年「加藤訓子打楽器演奏会(宮城聡演出)」、
2009年SOUND SPACE EXPERIMENT vol.1 steel drum works等) も意欲的に実施し、
各界から高い評価を得ている。
アンサンブルノマドには創立時からメンバーとして参加している。
米国在住。

オフィシャルホームページ  http://www.kuniko-kato.net/新しいウィンドウで開きます