野口 千代光vn

東京藝術大学を経てジュリアード音楽院に入学。ジュリアード・コンチェルトコンペティションに優勝し、リンカーンセンター・アリス・タリ-・ホールにてコンチェルトデビューを果たす。
ジュリアード音楽院卒業に先立ちアーティスト・インターナショナルオーデションに優勝、ヤングアーティスト・デビュー賞を受賞。
カーネギー・ワイルホールにおいてニューヨークリサイタルデビュー。
ジュリアード音楽院卒業後、東京藝術大学を首席で卒業。フォーバルスカラシップ・ストラディバリウスコンクール入賞。ヴィニアフスキ国際ヴァイオリンコンクール特別賞を受賞。東京都交響楽団ほか国内外のオーケストラとソリストとして共演。
現在、アンサンブル・コルディエ(旧東京ゾリステン)コンサートミストレス、紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。
また在京オーケストラのゲストコンサートミストレスとしてしばしば招かれ活動しているほか、アンサンブル・ノマド、アンサンブルコンテンポラリーαのメンバーとしてこれまで内外作品の初演を多数手がけている。
バロックから現代音楽までの幅広いレパートリーで、ソロ、室内楽、オーケストラの様々な音楽シーンで精力的な演奏活動を展開している。
2002年11月にはビクターエンターテインメントからCDアルバムをリリース。2003年9月に東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」に出演し好評を博した。
東京芸術大学准教授および桐朋学園芸術短期大学講師。