ホーム > 最新ニュース > 演奏動画:第42回定期演奏会 「接触の様相Vol.2 ~広がる世界~」

演奏動画:第42回定期演奏会 「接触の様相Vol.2 ~広がる世界~」2011年11月27日

第42回定期演奏会 「接触の様相Vol.2 ~広がる世界~」で演奏された曲の一部を動画でお楽しみいただけます。
演奏会へお越しいただけなかった方、こちらの演奏を気に入っていただけましたら、次回は是非、会場へ足を運んでみてください。
演奏会へお越しいただいた方は今一度、演奏会の余韻に浸ってみてはいかがでしょうか。

はじめに紹介させていただく曲は音楽監督 佐藤紀雄によるギターソロです。

カルロ・ドメニコーニ:アナトリア民謡による変奏曲

イタリアのチェゼーナ生まれのドメニコーニは作曲家である前に、大変優れたクラシック・ギターリストです。
あるときトルコを旅したドメニコーニはそこに暮らす人々や文化に強く惹かれ、ついにはイスタンブールの音楽院でギターを教えることとなり、さらに深くトルコの音楽を研究することになりました。
この曲は題名の通り、トルコ東部に位置するアナトリア地方の民謡による5つの変奏曲と長いコーダからできています。

演奏:佐藤紀雄
Carlo Domeniconi: Variationen uber ein anatolisches Volkslied Op.15

そして、こちらはツィンバロンに生瀬まゆみさん、クラリネットに山根考司さんを迎えた一曲です。

ミレーナ・ドリノヴァ(編:K.マラカ):チャルダーシュ

ドリノヴァは中央ヨーロッパ各地の村祭りや、音楽祭などの機会に演奏されている詩や民謡などを収集したチェコ人の音楽家です。
今回の曲はドリノヴァが残した音楽的形跡をもとに、K・マラカが彼の民謡を器楽アンサンブル用に編曲した作品集のなかの1つです。

K・マラカ(1972年チェコ生まれ)はスラヴ音楽、ロマ(ジプシー)音楽、ハンガリー音楽、ユダヤ音楽などの要素の混ざった伝統的なメロディーを演奏可能にし、また、時を超えて無名の様々な作曲家の作品を復活させることができる、貴重な音楽学者です。

演奏:生頼まゆみ(zym)、山根孝司(Cl)、花田和加子・川口静華(Vn)、甲斐史子(Vn/Va)、佐藤洋嗣(Cb)
Milena Dolinova (arr.: Krystof Maratka): Cardas

Page Top