ホーム > コンサート情報 > 第49回定期演奏会 人間の声 ヒューマン・ヴォイスVol.3 時をこえる言葉、うた

第49回定期演奏会
人間の声 ヒューマン・ヴォイスVol.3 時をこえる言葉、うた

ソプラノ歌手天羽明恵をゲストに迎え、モノ・オペラ『アンネの日記』の演奏会形式による劇場日本初演を行う。
 世界で最も有名な日記が、日記を書く少女はみなそうだが、聡明で鋭い観察眼を持ち何より夢見がちな、世界のどこにでもいそうな少女によって書かれた事を忘れまい。
最も私的であるはずのひとつの日記が第二次大戦に起こった悲劇を象徴し告発する存在に変貌する瞬間をとらえて、聴くものの注意を逸らさない素晴らしいオペラがつくられた。日記を読みこととは異なるメッセージがこのオペラには込められているはずだ。
 後半は、もしアンネ・フランクが大人になって世界を旅することがあれば聴いたであろう様々な地域の民族色溢れるフォークソングをL.ベリオの名人芸的アレンジによって聴くプログラム。

佐藤紀雄

チラシを大きな画像で見る:
表面(PDF:約0.6MB)新しいウィンドウで開きます
ウラ面(PDF:約1.3MB)新しいウィンドウで開きます

2014年2月16日(日)
13:30開場、14:00開演
東京オペラシティ・リサイタルホール

【前売】

  • 一般:3,000円
  • 大学生:2,000円
  • 高校生以下:1,000円

【当日】

  • 一般:3,500円
  • 大学生:2,500円
  • 高校生以下:1,500円
  • *就学前のお子様の同伴・ご来場はご遠慮下さい。
  • *当日は全券種500円増しとなります。
    前売りでのご購入・ご予約をお薦めいたします。

【チケット取り扱い】
東京オペラシティ・チケットセンター
Tel:03-5353-9999

【お問い合わせ・ご予約】
キーノート
Tel:0422-44-1165
Eメール:keynote_music@fol.hi-ho.ne.jp

チケットのお申込みはこちら

<プログラム>

  • G.フリド:モノ・オペラ『アンネの日記』(1969)
    Grigori Frid: Monoopera "Das Tagebuch der Anne Frank"
    ~演奏会形式舞台上演日本初演(ドイツ語上演・日本語字幕付)~
  • * * * * * *
  • L.ベリオ:フォークソングス(1964)
    Luciano Berio: Folk Songs

<出演者>

  • 木ノ脇道元(Fl)
  • 菊地秀夫(Cl)
  • 野口千代光(Vn)
  • 甲斐史子(Va)
  • 菊地知也(Vc)
  • 佐藤洋嗣(Cb)
  • 宮本典子(Perc)
  • 佐藤紀雄・中川賢一(Cond)
  • 稲垣 聡(演出)

<ゲスト>

  • 天羽明恵(Sop)
  • 塚原里江(Fg)
  • 佐藤秀徳(Tp)
  • 木村茉莉(Hp)
  • 小坂圭太(Pf/Cel)
  • 安江佐和子(Perc)
  • 別當勝輝・伊藤大貴(助演)

天羽明恵

東京芸術大学卒業。オペラ研修所修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてシュトゥットガルトに留学。95年第6回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。同年8月ソニア・ノルウェー女王記念第3回国際音楽コンクールに優勝。その後ドイツを拠点としてヨーロッパ各地の歌劇場や音楽祭に多く出演。日本でも新国立劇場、サントリーホール・ホールオペラなどへ定期的に出演。超絶的なコロラトゥーラとリリックな声が内外で高い評価を得ており、日本の主要なオーケストラの定期公演にも、著名な指揮者の下、ソリストとして出演している。1999年度アリオン賞、2003年第14回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。サントリーホール・オペラアカデミーのコーチング・ファカルティ。

チケットお申込みはこちらから

主催:
アンサンブル・ノマド
助成:
  • 公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
  • 芸術文化振興基金
  • アーツカウンシル東京
  • 公益財団法人朝日新聞文化財団

Page Top