ホーム > コンサート情報 > 定期演奏会 > 第34回定期演奏会 ~オランダ紀行 2~

第34回定期演奏会
~オランダ紀行 2~

それはヨーロッパのある小さな町であった事件だった。
町の人々は自分たちが出した手紙の返事がさっぱり返って来ないことを訝しく思っていたが、実は、その町の郵便配達員は十年間もの間、配達する手紙を自宅のベッドの下に溜め込んでいたのだ。
人々は「きっと、あした」と返事を期待しながら生活していた、この世にも奇妙な出来事のその後の顛末やいかに?

チラシを大きな画像で見る
(PDF:約0.4MB)新しいウィンドウで開きます
ウラ(PDF:約1MB)新しいウィンドウで開きます

フライヤーデザイン
岩井亜希子

2008年は、二国間の外交関係が樹立してから150周年にあたり、2009年は、徳川家康がオランダに公式な通商許可を与えた1609年以来、両国の通商関係が400周年を迎えます。
本公演はオランダ大使館より日本オランダ年2008-2009新しいウィンドウで開きます 認定事業」に認定されています。

<演奏曲目>

今回は気鋭のサックス奏者大石将紀 他、フィンランド在住のオランダ人ギタリスト"ロディー・ファン・へマート"と同じくヘルシンキで10年間にわたって活躍するダンスの"鈴木明"、そしてスイス人ギタリスト"アレクサンダー・ オイグスターが彩りを添えて下さいます。

【一部】

  • リップスティック:ヤコブTV [1951- ]
    flute 木ノ脇道元
  • パバロッティー・ナルコレプシー:木ノ脇道元[1969- ]
    flute 木ノ脇道元
  • ビリー:ヤコブTV [1951- ]
    alto sax 大石将紀
  • Perfect imperfect world : 中川統雄 [1969- ]
    fl 木ノ脇道元 vl 甲斐史子 cb 佐藤洋嗣 perc. 相川瞳 pf 稲垣聡 pf 中川賢一 gt 佐藤紀雄 vo 中川統雄

【ニ部】

オペラ『きっと、あした』より
原作 レナータ・ドレスタイン
作曲 レインダート・ファン・ヴァウデンベルグ

  • Dance 鈴木明
  • Soprano 吉川真澄
  • Flute 竹山愛
  • Hobo/ alto-hobo. 南方総子
  • Clarinet 菊地秀夫
  • First Violin 野口千代光
  • Second Violin 花田和加子
  • Viola 甲斐史子
  • Cello 松本卓以
  • Contrabass 佐藤洋嗣
  • Percussion 安江佐和子
  • Vibraphone 宮本典子
  • First guitar アレクサンダー・オイグスター
  • Second guitar ロディー・ファンヘマート
  • Conductor 佐藤紀雄

【三部】

ホケトゥス : ルイ・アンドリーセン [1939- ]

  • pan flute 木ノ脇道元 竹山愛
  • Sax 大石将紀 江川良子
  • Piano 稲垣聡 中川賢一
  • Conga 宮本典子 相川瞳
  • Bass / guitar 佐藤紀雄 佐藤洋嗣

<出演者>

  • 木ノ脇道元(fl)
  • 菊地秀夫(cl)
  • 野口千代光(vn/va)
  • 甲斐史子(vn/va)
  • 佐藤洋嗣(eb)
  • 中川賢一(pf)
  • 宮本典子(perc)
  • 佐藤紀雄(gt・cond)
  • 林憲秀(ob)
  • 塚原里江(fg)
  • 松本卓以(vc)
  • 小坂圭太(pf)

種子田郷:les silences sonores (2009) 音響デザイン:小林高治、空間デザイン:三浦秀彦、協力:さとうじゅんこ 音響システム協賛:Taguchi、ON-COO

<音響>

有馬純寿

主催:
アンサンブル・ノマド
助成:
  • オランダ王国大使館
  • 公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
  • アサヒビール芸術文化財団

Page Top